生姜緑茶は変形性関節症や関節リウマチの症状改善に役立つ

【要旨】変形性関節症(OA)は、関節部位の酷使で軟骨がすり減り、炎症を起こして痛みや腫れをきたす疾患で、患者数は少なくとも1,000万人と推測されています。一方、関節リウマチ(RA)は、何らかの原因で免疫バランスが崩れ、腫瘍壊死因子アルファ(TNF-α...

続きを読む

生姜も緑茶もダイエット(抗肥満)効果を発揮します

【要旨】生姜や緑茶には体脂肪を減らすダイエット(抗肥満)効果はありますが、急に体脂肪を減らすのではなく、おだやかに体脂肪、特に内臓脂肪を減らして行きます。ダイエットには①脂質や糖質をとり過ぎないこと、②体脂肪を肝臓や筋肉で脂肪酸に変えた状態で有酸素運動...

続きを読む

生姜や緑茶は心血管病の予防にも役立つ

【要旨】全死因の4分の1を占める心血管病(循環器疾患)は、多くの場合、まずは動脈硬化から始まります。生姜は悪玉(LDL)コレステロールがフリーラジカル(活性酸素)によって酸化LDLに変わる、いわゆる酸化ストレスを抑えることによって、アテローム(粥状)プ...

続きを読む

生姜も緑茶も花粉症などのⅠ型アレルギー症状の軽減に役立ちます

【要旨】花粉症・アレルギー性鼻炎・気管支喘息などのⅠ型アレルギーには免疫グロブリンE(IgE)という抗体が関係しています。生姜のジンゲロールや緑茶のエピガロカテキンガレート(EGCG)がIgE抗体の産生を抑え、生姜のショウガオールがマスト細胞(肥満細胞...

続きを読む

生姜と緑茶はそれぞれ別の側面で認知症を遠ざけます

【要旨】現在の認知症患者数はおよそ600万人ですが、2025年には700万人を超えると予測されています。認知症の約3分2はアルツハイマー型認知症です。アルツハイマー型認知症の人の脳では、神経伝達物質のアセチルコリンの活性が低いことから、アルツハイマー型...

続きを読む