「健康カプセル! ゲンキの時間」で「海藻」の健康パワーを解説

2018年12月2日(日)、午前7時からの、TBS(CBC)系列の全国放送「健康カプセル! ゲンキの時間」で、食品医学研究所の平柳要所長が、「海藻」の健康効果について解説しました。

今回のロケ先は、宮城県東松島市で、海苔の養殖と加工について見学させていただきました。

お笑いコンビ「Wエンジン」のえとう窓口さんと、海苔漁師の相澤さんの海苔養殖場での海苔の採集を見学させてもらった後、相澤さんの会社での海苔の加工処理、そして、その海苔を使って「海苔うどん」を製造している大森さんによる美味しい「海苔料理」の数々を試食させていただきました。

海苔には、各種のビタミンやミネラルおよびアミノ酸などの栄養素が豊富に含まれており、しかもイノシン酸(かつお節など)・グルタミン酸(トマトなど)・グアニル酸(干しシイタケなど)の三大旨み成分がしっかり凝縮されているため、栄養的にも味覚的にも最高レベルの食材です。

いろいろな料理に海苔をふりかけると減塩にもなり、食物繊維が多いため血糖値の急上昇の抑制や便秘解消にも効果があり、肝臓の保護作用も報告されています。

海苔のほか、ワカメの根元の「メカブ」のネバネバ成分のメカブフコイダンにはインフルエンザ予防効果があります。

昆布」に含まれるフコキサンチンには脂肪燃焼効果があります。

ヒジキ」は海藻の中でもカルシウムが豊富なので、カルシウムの吸収をよくするビタミンDが豊富な鮭などの魚介類や干しシイタケなどと一緒に摂ると骨粗しょう症の予防に効果的です。

 

【広告】

最新の拙著『病気にならない!  しょうが緑茶健康法』(サンマーク出版)のご購入は、

こちらをクリック☞、https://www.sunmark.co.jp/detail.php?csid=3665-7

また、食品医学研究所イチオシの商品、国産無農薬の生姜と緑茶(煎茶)の粉末が湯呑み1杯分ずつスティックに入った『生姜博士の粉末生姜緑茶』のご購入は、

こちらをクリック☞、https://www.rakuten.co.jp/food-medicine/

です。