食品医学研究所では『生姜博士』を商標登録いたしました

(株)食品医学研究所では、分類番号第30類(加工した植物性の食品及び調味料)の分野において、『生姜博士』という商標登録を平成29年9月21日付けで特許庁に出願いたしました。

そして、平成30年5月10日に、この商標登録の査定が行われ、この度、無事許可される運びとなりました。

今後、この『生姜博士』という商標のついた生姜関連商品を発売して行きますが、第三者の方におかれましてはこの分野での本商標を無断で使用されませんようお願いいたします。

最新の信頼できる研究論文(システマティックレビュー)で、生姜のメタボ改善効果は薬並みか、それ以上で、しかも副作用の報告がほとんどなく、生姜の習慣的摂取は高血糖の改善やインスリン抵抗性の改善が大いに期待できるため、糖尿病が疑われる人におすすめです。

また、生姜は脂質異常の改善も期待できるため、血中の中性脂肪や悪玉(LDL)コレステロールが高かったり、善玉(HDL)コレステロールが低かったりする人にもおすすめです。

そして、この度、写真の商標登録証のように、2018年5月25日より、食品医学研究所の『生姜博士』という商標登録(第6046015号)が登録されました。