雨上がり、君は何というカエルなの?

 本日(7月12日)、午前中は猛暑でしたが、正午過ぎから、関東地方では広い範囲で洪水を引き起こすような猛烈な雷雨となりました。

 快晴から急に空が灰色の雲に覆われ、強風が吹き雷鳴も聞こえてきました。

 そして、稲光(ピカピカ)、雷鳴(ドドーン)とともに土砂降り(ビチャビチャビチャ)になりました。

 2時間弱で雷雨がおさまったので、庭先に出てみると坪山に緑色をした愛嬌のあるカエルがいました。

 よく稲田などにいるアマガエルよりもやや大きめだったので、「ミドリガエル」かも知れません。

 久しぶりの雷雨に、このカエルはとても嬉しそうでした。

 それを見て、私もうれしくなりました。

 1時間くらいして、再度見ようとしたら、そこにはカエルの姿はありませんでした。