【第48節】しょうが(生姜)を食べると“むくみ”(浮腫)がとれる!

  夏が近づくにつれて肌の露出度が多くなり、特に女性では足の“むくみ”(浮腫=edema)が気になることと思います。
  成人の身体は体重の約60%が水分(体液)であり、体液の3分の2が細胞内液、3分の1が細胞外液です。むくみ(浮腫)
  また、細胞外液の4分の1は血中の水分(血漿)で、4分の3が組織の間にある水分(間質液)です。
  むくみ(浮腫)は主に間質液が血管やリンパ管の中に戻りにくくなり、組織の間に水分が過剰に貯留した状態をいいます。
  むくみ(浮腫)が起こる代表的な病気には、心臓病、腎臓病、肝臓病、甲状腺機能低下症、足の静脈瘤などがあります。
  その他の原因として、冷え性の人やふつうの人でも体が冷えたりすると、間質液と血液やリンパ液との水分のやりとりがうまくできなくなって、よりいっそう余分な水分が間質液として溜まってしまいます。
  また、長く立ったままでいたり、夕方になったりすると、余分な水分が重力の影響で足の方に移動して溜まるため、特に足にむくみ(浮腫)を生じやすくなりますし、塩分を摂りすぎると、塩分を薄めて0.9%食塩水と同じ塩分濃度にもどすために大量の水分を必要とするため、むくみ(浮腫)を生じやすくなります。
  さらに、女性は月経前や妊娠中あるいは更年期にホルモンの影響によってむくみ(浮腫)を生じやすくなります。しょうがこすり
  むくみの予防ないし解消法としては、同じ姿勢を長く続けないで身体(特に足)を動かすこと、ゆっくりお風呂や足湯などにつかりながらマッサージをすること、ハイヒールを長い時間履き続けないこと、塩分や酒類を摂りすぎないこと、などがあげられます。
 身体に余分な水分が溜まると、冷えやすくなって体脂肪が燃えにくくなるため、むくみ(浮腫)だけでなく、肥満にもなりやすくなります。
  ところで、しょうが(生姜)に含まれる辛み成分のジンゲロールやショウガオールは血管を拡張したり、心臓からの血液拍出量を増やしたりして、血流をよくして冷えを改善する効果があるため、身体を温める食材No.1と言っても過言ではありません。
  血流がよくなると、水分の循環がきちんと行われ、間質液が溜まらなくなり、腎臓をはじめとする内臓の働きもよくなって、余分な水分がしっかり排出されるようになります。
  また、足のむくみ(浮腫)は、右上の写真のように、生のしょうが(生姜)の切断面で入念にさすることによって解消されてきますし、足のだるさもとれるそうです(畑中智子著: ショウガでカラダを温め 肩こり. 冷えをなおす. コスミック出版, 2010より)。
  ブラジルのサンジョゼ・ドス・カンポスにある総合大学UNIVAP(Universida de Vale do Paraiba)のPenna氏らによる研究(Phytomedicine 2003; 10: 381-385)では、ラットを用い、しょうが(生姜)抽出物の腹腔内投与によって、足や皮膚のむくみ(浮腫)がどれくらい改善されるのかを調べています。
  それによると、しょうが(生姜)のジンゲロールやショウガオールはアラキドン酸(n-6系多価不飽和脂肪酸)に由来する悪玉の生理活性物質であるエイコサノイド(eicosanoid)の産生を防いで、カラゲーナンやセロトニンなどの投与によって引き起こされた”むくみ”(浮腫)を30~50%抑えることが分かりました。
  このように、しょうが(生姜)は冷えの改善のみならず、エネルギー代謝の亢進、体脂肪の分解促進のほか、むくみ(浮腫)の解消にも役立ちますので、メタボ気味な人やむくみ(浮腫)を生じやすい人は、しょうが(生姜)を摂る習慣をつけるとよいでしょう。
  赤ショウガ、L-シトルリン、カテキン、マカ、レスベラトロール、コエンザイムQ10、αリポ酸(チオクト酸)など、血行促進や潤い肌をもたらす豪華成分が多数入った冷え取りサプリ『血巡り美人』にご興味のある方はこちら(クリック)へどうぞ!